和婚の挙式から披露宴までの具体的な流れをチェック!

公開日:

具体的な流れ

結婚式はチャペルで挙げるというのが鉄板になっています。しかし、現在は和婚の人気も急上昇しています。なぜなら、欧米文化を用いるのではなく、日本だけの文化や伝統を重んじる人が増えているからです。そこで今回はそんな和婚の魅力と挙式から披露宴までの流れを説明します。

和婚は通常の結婚式と何が違う?

和婚とは簡単にいうと日本だけの文化を出している結婚式のことです。和婚は「静かで落ち着いた堅い雰囲気」といったイメージを持つ方がいますが、そんなことはありません。和婚は、披露宴の演出や挙式のなかに、日本の伝統と文化が表現されています。たとえば、フラワーシャワーの代わりにマグロの解体ショーをすることもあり、こういった披露宴の一部を和に変えることで、和婚と呼ばれます。結婚式との大きな違いは、式場と衣装と食事です。

式場はチャペルではなく神社、衣装はウェディングドレスではなく着物、披露宴で用意される食事は洋風ではなく、和風にするといった違いがあります。また「和婚」という言葉は洋風のウェディング結婚式に、和を取り入れた結婚式のことを差す造語であり、本来は和婚とは言いません。昔は和装挙式や神社挙式と呼ばれていました。

しかし、現代人になじみがないため、わかりやすい「和婚」となりました。前述した通り、和婚の堅苦しさはそこまでありません。もちろん、挙式は神社で行われることが多いため、厳粛に取り行われますことがあります。しかし、披露宴の際は和の演出や通常通り、歓談を楽しむことができるので、チャペルで行う結婚式と差異はありません。

和婚でもっとも大切なのは、和の要素のバランスです。挙式から披露宴まですべてを和にしてもよいですし、先程のように挙式から披露宴までのどこか一部に和を入れてもいいです。和婚を行う際には、事前に相談して二人でイメージを共有しておくと、結婚式場やプロデュース会社との取り決めがスムーズにいくでしょう。

和婚の挙式から披露宴までの具体的な流れ

和婚の流れは「お支度、挙式の会場へ移動、式を挙げる、披露宴が行われる会場へ移動、披露宴」の順番です。和婚も通常の結婚式と同様に、式が挙げられる場所と披露宴が行われる場所によって、段取りが変わりますが、大きく流れが変わることはありません。神社で式を挙げる場合、結婚式がよくある神社の場合は、近くに披露宴をできる場所が用意されています。宴会場が用意されていなときは、挙式後に食事会場へ行ってから、披露宴や会食を行います。

参列者にどのように、また場所が変わる場合はどうやって移動してもらうのかを事前に決めておくと、スムーズに披露宴に移ることができるでしょう。披露宴が行われるフローを、前半と後半に分けて説明します。前半はオープニングムービー、新郎新婦入場、開演の挨拶、新郎新婦の紹介、主賓スピーチ、乾杯の挨拶、鏡開き、歓談、新婦様中座、新郎様中座といった段取りで進められます。

後半はお色直し、余興と歓談、新婦様の手紙、記念品贈呈、ご両家様代表者挨拶、新郎様謝辞、新郎新婦退場、エンディングムービーといったフローです。通常の式と大きく流れは変わりません。チャペルで行われる結婚式の段取りで、和を用いて行われるといった感じです。

和婚は2人の希望をあらかじめ伝えておくことも大切ですが、移動が必要な場合は、高齢者や身体が不自由な方がいないかを確認して伝えておきましょう。結婚式場やプロデュース会社にきちんと相談しておけば、サポートやアドバイスをしてくれます。これを機に、ぜひ日本伝統と文化を用いた結婚式を検討してみてください。

和婚でおすすめの演出

和婚でおすすめの演出を紹介します。和婚は和を取り入れることで、日本の伝統・文化の可憐さを演出できます。演出を選ぶコツはただ和を取り入れるのではなく、新郎新婦の雰囲気に合うような演出をすることです。まず紹介するのは、新郎新婦の衣装を使った演出です。

1つ目は和傘です。和紙で作られた和の雰囲気が漂う和傘を持つことで風情が出ます。照明が和紙から少し漏れることで和の雰囲気を演出できます。2つ目は、人力車を用いた演出です。人力車を使うことで力強さと意外性を演出ができるため、サプライズとして用意しておくと盛り上がるでしょう。

3つ目が折り鶴を使った演出です。とくに最近の和婚では非常に人気が高く、フラワーシャワーの代わりや、新郎新婦の再入場時に用いられることが多いです。小物を使ったものではなく、本格的な演出もあります。結婚式で歓談を楽しむことも醍醐味ですが、和楽器による生演奏を聴くのはどうでしょうか。

参列者のなかには、テーブルでの会話が弾むか不安といった心配をしている方もいるでしょう。そのような人のために、日本の文化と伝統を肌で感じられるような、和楽器の生演奏による演出がおすすめです。ほかにも獅子舞や伝統工芸品を用いた演出など、和の雰囲気を体感できる出し物は数多くあるので、結婚式場やプロデュース会社に相談しましょう。

 

本記事では、和婚の流れや演出を主に紹介しました。日本人にとって、和婚は風情のあるものとなるでしょう。和婚と通常の結婚式では流れが大きく変わることはなく、出し物や演出に和を取り入れています。チャペルの見慣れた演出ではなく、和を取り入れた演出は新鮮味があるため、参列者の記憶にも残る素敵な結婚式となります。チャペルで式を挙げるというのが当たり前になっていますが、自分達の結婚式を機会に和婚をしてみるものよいでしょう。ぜひ本記事を参考に和婚をご検討ください。

大分県でおすすめの和婚ができる会場ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名秋子想ヴィラルーチェモノリス春日神社レンブラント大分
特徴200年前の酒蔵を改装!レストランウェディングで叶える理想の和婚アクセス抜群の式場!伝統に裏打ちされた婚礼料理が人気モダンな邸宅で実現するオートクチュールの挙式!新郎新婦の想いがカタチに雅楽の生演奏は県内唯一!厳かな神前式と華やかな披露宴が叶う神社ホテル挙式ならではの壮大な空間が魅力!和婚の格式も守る会場と料理を提供
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索
【大分県】和婚ができる会場ランキング一覧